神奈川県相模原市の歯科医院(歯医者)|宮嵜歯科医院|橋本・原宿・都井沢・津久井 | 歯に良いお料理レシピ♪6月編♪

宮嵜歯科医院

〒252-0116  神奈川県相模原市緑区城山2-1-1

スタッフブログ
歯に良いお料理レシピ♪6月編♪
2024/06/08

イワシのパン粉焼き~ラタトゥイユ添え~

イワシは骨や歯の形成を促すビタミンDが多く含まれています。また、トマトやかぼちゃなどの緑黄色野菜に含まれるビタミンAで、粘膜や歯のエナメル質形成に関わる栄養が補えます。

〈材料〉

イワシ(開いたもの)・8枚 マスタード・大さじ2 パン粉・大さじ4 パセリ・適量   

粉チーズ・大さじ1 なす・2本 ズッキーニ・1本 かぼちゃ・1/4個 玉ねぎ・1/2個 トマト・2個 にんにくみじん切り・小さじ1/2 塩コショウ・少々 顆粒コンソメ・小さじ1 

オリーブオイル・大さじ1/2 ミニトマト・8個

【作り方】

① なす、ズッキーニ、かぼちゃ、玉ねぎを1cm角に切る。

② トマトは2cm角に切り、パセリはみじん切りにする。

③ 鍋にオリーブオイル、にんにくみじん切りを入れ、弱火で炒める。香りが出たら、①を加え、5分ほど中火で炒める。

④ トマトを加えフタをしたら弱火で10分加熱する。水分が出てきたら顆粒コンソメ、塩コショウで味を調え中火で加熱し、水分が飛んだら火を止める。

⑤ キッチンペーパーでイワシの水分をふき取り、身の方にマスタードを塗る。

⑥ パン粉とパセリ、粉チーズを混ぜ、イワシのマスタードを塗った面にまぶす。

⑦ 耐熱容器に④を入れ、その上にイワシをのせ、170℃に予熱したオーブンで10分焼く。

⑧ お皿に盛り付け、ミニトマトを添えて完成。

ラタトゥイユはオーブンに入れることで水分が出てくるので、鍋でしっかり水分を飛ばすのがポイント。旬の生トマトや夏野菜をたっぷり使ったラタトゥイユは作り置きにもおすすめです。