神奈川県相模原市の歯科医院(歯医者)|宮嵜歯科医院|橋本・原宿・都井沢・津久井 | お料理レシピ

宮嵜歯科医院

〒252-0116  神奈川県相模原市緑区城山2-1-1

スタッフブログ
歯に良いお料理レシピ♪1月編♪
2022/01/17

豚ロースとチーズのロール白菜

白菜などの野菜に多く含まれるビタミンCは、細菌が粘膜に浸透しにくくする働きがあり、歯周病を防ぐのに効果的だと言われています。チーズは不足しがちなカルシウムを補うことができ、歯や骨の健康に役立ちます。

【材料・4人分】

白菜・8枚 豚ロース薄切り・16枚 スライスチーズ・8枚 塩コショウ・少々 コンソメ・2個(固形) 彩り野菜(にんじん、玉ねぎなど)・お好みで  水・600cc

【作り方】

① 白菜は軸の部分がやわらかくなるまで2分ほど茹でる。粗熱を取り、軸の厚い部分をそいで厚みを均一にする。

② 白菜1枚の上に豚肉2枚を少し重ねてのせ、塩コショウ各少々をふる。スライスチーズ1枚を半分に切り、豚肉に上に縦に並べる。①でそいだ軸ものせる。

③ 葉の左右を折り込みながら、手前からくるくると巻く。同様にあと7つ作る

④ 大き目の鍋に水600ccとコンソメを入れて沸かし、③と野菜を加えて蓋をし、時々スープをかけながら10~15分ほど弱火~中火で煮込む。

※巻くときは少しきつめに巻きましょう。豚肉を2枚にすることで、おかずとしてボリュームがでます。

歯に良いお料理レシピ ☆12月編☆
2021/12/12

ホットケーキミックスでみかんマフィン

歯周病を防ぐためには、細菌が粘膜に浸透しにくくするために必要な「ビタミンC」が効果的だといわれています。ビタミンCはみかんの他、イチゴやキウイなどさまざまな果物にたくさん含まれています。

材料(4人分)

ホットケーキミックス・150g 砂糖・50g 無塩バター・50g    みかん・2個 卵・1個  粉糖(なくても可)・適量             マフィンカップ・4個(直径5cm程度) 

 【作り方】

① 2個のうち1個のみかんは皮をむき、絞って汁にする。(汁は50㏄程度必要)

② もう1個のみかんは、皮つきのまま1cm弱の厚さのスライスにし、それぞ   れの皮を丁寧に剥がす。

③ バターは600wのレンジで50秒ほど加熱して溶かしバターにする。

④ 大きめのボウルに卵を割り、砂糖と③の溶かしバターを加えてしっかり混ぜる。その後、ホットケーキミックスを加えて、さっくりと混ぜる。

⑤ ④にみかんの絞り汁をすべて加え、全体が均一になるまで混ぜて生地を作る。

⑥ マフィンカップ半分程度まで生地を入れ、その上にみかんのスライスをのせて、指で軽く押しながらみかんを埋め込む。

⑦ 180℃に予熱したオーブンで20分間焼き、その後200℃に上げて5~7分程度、様子を見ながら焼く。竹串を刺して生地が付いてこなければ焼き上がり。お好みで粉糖をトッピングする。

※ 生地を混ぜすぎると弾力が出ておいしく仕上がりません。ミックス粉を加えてからはさっくりと手早く混ぜましょう。             

歯に良いお料理レシピ ♪11月編♪
2021/11/10

イカとブロッコリーの照り焼き

イカは低脂質、低カロリーですが、たんぱく質の量は肉や魚に劣りません。たんぱく質は歯の土台である歯ぐきを強くする働きがあります。また、ブロッコリーのビタミンC含有量は野菜の中でもトップクラスです。ビタミンCには、細菌が粘膜に浸透しやすくなるのを防ぐ役割があります。

【材料・4人分】

スルメイカ(大きめ)・2杯 ブロッコリー・1株 しめじ・1パック    サラダ油・大さじ1と1/2 酒・大さじ2               

〈A〉                                       

    醬油・大さじ2 みりん・大さじ1と1/2 顆粒和風だし・小さじ1

【作り方】

① 〈A〉の材料を全て混ざ合わせておく。

② イカは水で洗い、軟骨を取り除く。胴体は1.5㎝幅の輪切りにする。エンペラの部分は2~3等分にし、足の部分は半分の長さに切る。

③ ブロッコリーは沸騰した湯で」2~3分、少し硬めに茹でてザルにあげておく。

④ フライパンにサラダ油を入れ熱し、イカを炒める。表面の色が変わったら酒を加え、蓋をして、中火で1~2分蒸し焼きにする。

⑤ ④にしめじとブロッコリーを加え、①の調味料を加え、強火でさっと炒め合わせる。

イカは加熱しすぎると縮んでしまうので、さっと火を通すのがコツ!ブロッコリーは炒めている間にもやわらかくなるので、少し硬めに茹でましょう。

歯に良いお料理レシピ♪10月編♪
2021/10/13

かぼちゃといんげんの胡麻みそ炒め

材料(4人分)

豚小間肉・500g かぼちゃ・1/3個 いんげん・80g        サラダ油・大さじ2

≪A≫ 酒・大さじ1 みりん・大さじ2 味噌・大さじ3 すりごま・大さじ3

ビタミンEを豊富に含むかぼちゃには、歯ぐき細胞の結合を強化し、むし歯などの病原因子の侵入を防いでくれる働きがあります。また、豚肉には良質なタンパク質やコラーゲンが含まれており、丈夫な歯の土台をつくるのに役立ちます。

≪作り方≫

① ≪A≫の材料は全て混ぜ合わせる。

② 豚小間肉は食べやすい大きさに切る。

③ かぼちゃは5mm程度の厚さにスライスする。耐熱皿にのせ、ふんわりラップをして600wの電子レンジで4~5分間加熱する。

④ いんげんは両端を切り落とし、長さを3等分にする。耐熱皿にのせて水を少量ふりかけ、ふんわりとラップをし600wの電子レンジで2~3分加熱する。

⑤ フライパンにサラダ油を入れて熱し、豚小間肉を炒める。豚肉の色が変わったらかぼちゃといんげんを加え、さっと炒める。

⑥ ⑤に<A>の合わせ調味料を加え、強火で香りを立たせながらいためあわせる。

※ 電子レンジでかぼちゃといんげんを予備加熱する際には少し歯ごたえが残る程度にし、炒め合わせるときに適度な硬さになるように調整しましょう。

                                                                               

歯に良いお料理レシピ🚩9月編
2021/09/13

銀杏とじゃこの炊き込みご飯

銀杏には歯や骨を作るのに欠かせないミネラルが豊富に含まれています!

《材料・4人分》

米・3合 銀杏(殻付き)・30~40個 細切り昆布(乾燥)・4g    ちりめんじゃこ・30g

★酒・大さじ2                                   ★みりん・大さじ2                           ★薄口しょうゆ・大さじ1,5                         ★塩・小さじ1

【作り方】

① 米を研ぎ、30分ほど水に浸す。細切り昆布はさっと水洗いしてから少なめの水で戻した後(10~15分間)、食べやすい長さに切る(戻し汁は出汁として使うので捨てないこと)

② 銀杏の殻を割って実を取り出し、熱湯にくぐらせて薄皮をむいておく

③ ①の米をザルにあげて水を切り、炊飯窯に米と昆布の戻し汁、★の調味料を入れ、通常の3合分の目盛りに合わせ水を足し、よくかき混ぜる

④ ③に昆布と銀杏を入れて炊く

⑤ 炊きあがったごはんにちりめんじゃこ2/3を入れて混ぜ合わせる。盛り付け後、もう一度ごはんの上にじゃこをちらして完成!!

銀杏の食べ過ぎには要注意!                             小さいお子様や妊婦の方は特にご注意ください。食べ過ぎると中毒症状が起きて、けいれんなど起こすこともあります

歯に良いお料理レシピ🌞8月編🌞
2021/08/23

ゴーヤの肉詰め~カレーソース添え~

ゴーヤはなんと牛乳の約14倍もカルシウムが含まれています!!

【材料・4人分】

ゴーヤ・1本半 片栗粉・適量 サラダ油・大さじ2

≪A≫

豚ひき肉・200g とうもろこし(粒)・50g 溶き卵・1/2個 パプリカ赤(みじん切 り)・中1/2個 玉ねぎ(みじん切り)・1/2個 カレー粉・大さじ1 片栗粉・大さじ1 塩コショウ・少々

《B》

カレールー・2片(約40g) ケチャップ・小さじ1 ウスターソース・小さじ1  白ワイン・大さじ2 水・200cc

【作り方】

①ゴーヤは6~7mmの輪切り(偶数になるよう)にし、わたと種をとり塩水(分量外)に5分ほど浸し、水を切っておく

②ボウルに≪A≫をいれ、粘りが出るまでよく混ぜる

③ゴーヤに片栗粉をまぶし、2枚1組にして②を適量はさむ

④フライパンにサラダ油をひいて熱し、③を並べフタをして中火で2分程度ずつ両面を焼く(焦げやすいので火加減に注意)。焼き色がついたら水大さじ1(分量外)を入れ、フタをして2分程蒸し焼きにする。竹串を刺し、透明な肉汁が出たら火を止める。

⑤カレーソースを作る。材料《B》を鍋に入れ、弱火で加熱しながら煮る。

⑥お皿に④を盛り付け、カレーソースを添える

※ ③ビニール袋に入れてシャカシャカするとやりやすい            

歯に良いお料理レシピ♪7月編♬
2021/07/24

カジキマグロの和風ピカタ~紫蘇風味~

魚類には歯の基質(土台)の材料になるタンパク質が豊富に含まれています。カジキマグロは加熱すると繊維状にほぐれやすく、治療後あまり硬いものを食べられない方にはおすすめの食材です。

≪材料・4人分≫

カジキマグロ(切り身)・4~5切れ 塩・コショウ・少々 薄力粉・適量 

卵・3個 和風顆粒だし・小さじ1 大葉・8枚 サラダ油・大さじ2 

レタス(付け合わせ)・適量

<作り方>

① カジキマグロは1切れを4等分にし、表面に塩・コショウ少々ふり、表面全体に薄力粉をまぶす。大葉は軸を取り除きみじん切りにする。

② ボウルに卵を溶きほぐし、和風顆粒だしとみじん切りした大葉を加え、混ぜ合わせる。

③ ②に①のカジキマグロを加えて卵衣を絡める。

④ フライパンにサラダ油を入れて熱し、隙間を空けて③を並べる。弱火~中火で2分程焼いたら裏返し、蓋をして4~5分間、中に火が通るまで加熱する。

⑤ レタスをちぎって器に敷き、その上に④を盛り付ける。

薄力粉をまぶさないと上手く卵衣が付かないので注意しましょう。ピカタは本来洋風の料理ですが、だしと大葉の風味で和風に仕上がります。

 

歯に良いお料理レシピ☆6月編☆
2021/06/25

イワシとナスのトマトパスタ

イワシには、骨や歯の石灰化に重要なカルシウムが可食部100gあたり

約75mg含まれています。また歯や骨の基質となるタンパク質も豊富です。

この時期旬のイワシはぜひ食卓に!!

<材料・4人分>

イワシ・4尾 ナス・3本 しめじ・2パック トマト缶・2缶

コンソメ・大さじ1と1/2 塩・コショウ・少々 パスタ(乾麺)・400g

オリーブオイル・大さじ2 粉チーズ・適量

《作り方》

① イワシは頭と内臓(わた)を落とし、水でさっと洗い、キッチンペーパーで水気を拭きとる。手開きにし、中骨と尻尾も取り除く。2~3cm幅の食べやすい大きさに切る

② ナスとヘタを切り落とし、厚さ1cmのいちょう切りにする。しめじは石づきを切り落とし、手で裂く

③ 大き目の鍋にたっぷりの湯を沸かし、パスタを袋に表示されている時間茹でる

④ フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、イワシ、ナス、しめじを入れて弱火~中火で加熱する。食材に熱が通ったらトマト缶とコンソメを加え、中火で3分ほど煮込む。塩・コショウで味を調える。

⑤ ④に茹で上がったパスタを加え、絡め合わせる。

⑥ 器に盛り、仕上げに粉チーズをふる。

粉チーズは風味のアクセントになるだけでなく、カルシウムを補うのにも役立つおすすめ食材です。

歯に良いお料理レシピ☆5月編☆
2021/05/24

ホタテと野菜のバルサミコソース

ホタテには細胞の再生・成長を促進するビタミンB2が含まれます。不足すると、口内炎や口角炎などを引き起こします。

材料(4人分)

ホタテ(刺身用)・12個 アスパラ・3本 ブロッコリー・1株 

パプリカ(赤・黄)・各1/2個 オリーブオイル・適量

イタリアンパセリ(飾り用)・適量

【バルサミコソース】

バルサミコ酢・大さじ6 バター・30g 赤ワイン・大さじ2

砂糖・大さじ・1 塩・少々

《作り方》

① アスパラの根元の硬い部分をピーラーでむき、斜め切りで3等分する。

パプリカをアスパラと同じくらいの大きさに切る。ブロッコリーは小房に分け、硬めに茹でる

② ①を薄くオリーブオイルをひいたフライパンでゆっくりと少し焦げ目がつくまで焼き、一旦取り出しておく

③ フライパンに少しオリーブオイルを足し、よく水気を拭き取ったホタテの両面を少し焦げ目がつくまで焼く

④ バルサミコソースを作る。小鍋でバターを焦げないように溶かし、ソースの残りの材料を入れて弱火でとろみがつくまで煮詰める

⑤ お皿にホタテと野菜を彩りよく盛り付け、バルサミコソースをバランス良くまわしかける。イタリアンパセリを載せて出来上がり!

歯に良いお料理レシピ 🎵4月編🎶
2021/04/30

クラムチャウダー

~カンパーニュボウル~

今が旬のあさりには傷口を治す力を持つ亜鉛が豊富に含まれます。抜歯のあとなどに、栄養豊富でやさしい味のクラムチャウダーで癒されてください!

材料(2個分)

あさり(砂抜き済)・350g 厚切りベーコン・100g 玉ねぎ・1個

人参・1/2本 ジャガイモ・1個 おろしにんにく・小さじ1 水・100ml

牛乳・200ml 生クリーム・200ml 白ワイン・50ml

顆粒コンソメ・小さじ1 バター・10g 薄力粉・大さじ2 

生パセリ・少々(みじん切り) 塩・こしょう・少々 カンパーニュ・2個

【作り方】

① あさりを白ワイン大さじ2で蒸す。殻から身を外し、蒸し汁をとっておく

② ベーコン、玉ねぎ、人参、じゃがいもを1cm角に切る

③ 鍋にバターを溶かし、玉ねぎ、人参、じゃがいも、にんにくを炒める。

 玉ねぎが透き通ったら、あさりと蒸し汁、ベーコンを入れてさらに炒める

④ ③の鍋に薄力粉を振り入れ、粉っぽさがなくなるまでよく炒めたら、水、白ワイン50ml、コンソメを加えてよく混ぜ、野菜が柔らくなるまで煮込む

⑤ 牛乳、生クリームを入れてひと煮立ちさせ、しお・こしょうで味をととのえる

⑥ カンパーニュの中身をくり抜き、クラムチャウダーをたっぷり入れ、パセリを散らす

全91件中 1〜10件目を表示